Googleはレスポンスデザインを推奨している

BtoCビジネス、特に地域密着型の店舗サービス業にとって、

 

そのホームページやブログサイトが

 

スマホ対応になっているのとなっていないのでは、

 

ユーザー数や滞在時間、PV、CVに大きく影響を及ぼします。

 

特にGoogleはレスポンシブデザインを推奨しております。

 

以下Googleウェブマスター向け公式ブログより引用。

 

スマートフォンに最適化されたサイト構築の推奨方法
私たちの推奨する方法の詳細については、こちらのサイトでご確認ください。

簡単に要約しますと、スマートフォンに最適化されたサイトを構築する際に、Googleは、次の 3 つの構成をサポートしています。

  1. レスポンシブ・ウェブデザインを使用しているサイト、すなわち、すべてのデバイスに単一の URL で同じ HTML を提供し、CSSを使用してデバイスごとにデザインを変更するサイトです。こちらが Google の推奨する設定方法となります。
  2. すべてのデバイスに対し単一の URL で、ユーザーエージェントに応じてデスクトップ用かモバイル用かなどを判断して動的に異なる HTML と CSS を提供するサイト。
  3. モバイル用のサイトとデスクトップ用のサイトを別々に構築しているサイト。

レスポンシブ・ウェブデザイン
レスポンシブ・ウェブデザインは、CSS3のメディアクエリを使用して見た目を変更するWeb ページの構築手法です。つまり、デバイスに関わらず共通の 1 つの HTML を用意し、CSS メディアクエリを使用して、そのページを表示する画面サイズからデバイスを判断しCSSを選択し、そのデザインを変更します。レスポンシブ・ウェブデザインについてより詳しい情報は、Google のウェブマスターによる こちらの記事(英語)や 今回の推奨方法のセクション(英語)をご覧ください。