レスポンシブデザインとは?

ホームページやブログ、

そのアクセスはますますスマホ比率がUPしてますね!

 

レスポンシブデザインとは、
PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズをWebサイト表示の判断基準にし、ページのレイアウト・デザインを柔軟に調整することを指します。

では何故レスポンシブデザインなのか?

<メリット>

①PCやスマートフォンそれぞれに、デザインが最適化されたサイトを構築できる。

②ワンソースでマルチデバイス対応可能、運用を一本化できる。

 

③端末を判断してデザインを変えるのではなく、画面の幅によってデザインを変えるため、端末に依存せず、将来登場する端末にも対応できる。


デメリットもありますが、、、

 

しかし、、、


Googleがレスポンシブデザインを推奨しているからなんです!
Googleによると⇒
 ユーザーのデバイス(パソコン、タブレット、モバイル、非視覚的ブラウザ)に関係なく、同じ URL で同じ HTML コードを配信しますが、画面サイズに応じて(つまり「レスポンシブ」に)レンダリングを変えることができます。

Google では、デザイン パターンとしてレスポンシブ デザインをおすすめします。


サービス業のWebアクセスはスマホ比率が本当に高い、

またこれからどんどん高くなる傾向があるので、

弊社では「レスポンシブデザイン」を採用しております!