SSL化対応(https化)は何故必要なのか?

「常時SSL」とは?

サイトの全てのページを「https」化(常時暗号化)することです。
これまでは、ID・パスワードを入力するログインページや個人情報を送信するお問合せフォームなど、SSLによる暗号化を限定的に使用するのが一般的でした。
それを一部ではなくサイト全体に展開し、すべての情報のやり取りを暗号化通信で行うことを「常時SSL」といいます。

 

常時SSLにするメリット

近年、サイトを取り巻く状況が変わってきており、より安全性、信頼性の高いサイトであることが望まれています。中でも、SSLに関しては、「常時SSL」の導入が求められています。

「常時SSL」にするメリットとは何か?大きく分けて2つあります。

 

1.   SEO対策のメリット

ユーザーがサイトに訪問するきっかけのひとつに、検索エンジンがあります。

世界最大級の検索エンジンGoogleは、サイト全体にSSLを導入しているかどうかをSEO (検索順位)の表示結果に反映することを発表しています。
つまり、HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになるということです。

 

2.   セキュリティ上のメリット

最近増えてきている、駅や空港、カフェなど公共の場で使用できる公衆無線LANWi-Fiなど)は、無料で使用できる便利な反面、通信が暗号化がされていないため、安全性が低いことがあります。
そういった暗号化されていない通信では、中間者攻撃(*)で、データを傍受される危険性があります。

      


「常時SSL」では、サイト全体を「https」化し、サーバーまでのすべての通信を暗号化するので、サイトとお客様の端末間のデータ傍受を防止できます。

      
* 中間者攻撃
通信している双方の間に第三者が介在し、送信者と受信者の両方になりすまして、ユーザーが気づかないうちに通信を盗聴したり、改ざんしたりする手法



常時SSLの必要性
スマートフォンなどスマートデバイスの急速な普及により、通信環境やインターネットのリスクは年々大きく変化しています。今までの「http」の通信環境では、安全性、信頼性の高いサイトとは言えない時代になっています。

既に、大手ウェブサービス、政府機関を中心に「常時SSL」は広まっており、世の中の動きとして「常時SSL」の導入が求められています。

 

また、これまでは、SSLの暗号化処理でサーバーに負担がかかり、サイトの表示速度が遅くなると言われていましたが、現在では、ハードウェアの性能向上で問題ないレベルになっています。

また、環境によっては、「http」で通信している時よりも速度が上がる場合もあります。

ご質問・ご相談・見積りの依頼など、お気軽にお問い合わせください。